驚きのエロさっすよー!

Unofficial Ingress Strategy Guide

世界で2番目ぐらい?に情報の早かったイングレス攻略サイトです Unofficial Ingress Strategy Guide
イングレスって何?って方は↓コチラを一読

※当サイトはGoogle Analytics によりアクセス解析を行っております
※当サイトは引用元表示を行えばFirstSaturdayでの使用、地方自治体でのIngress講習資料、学校での講義資料に、ご自由にお使い頂けます

最新Ver告知

2015年12月7日月曜日

Niantic Inc. 日本法人設立 Nianticで働く6人の日本人とは

https://plus.google.com/+MasashiKawashima/posts/i9Rk6HWPGmM
より


-

各ネットメディアからの発表でご存知だと思いますが

先日、Niantic Inc. 日本法人設立記者会見を行ったようです

日本法人名は
「株式会社ナイアンティック」です
オフィスの場所は非公開だそうですが…調べましたw
うちのサイトは「秘密にしといてね(はぁと」とか公式からお知らせ貰ってないので
ここで、住所貼って公開しても良いのですがね( ̄ー ̄)ニヤリ
某サイトには「気軽に遊びに来て欲しい」と言っていた記述もあったので(・∀・)ニヤニヤ

という訳で、リクエストあれば住所も書きます

今のタイミングで、現地法人作るのには
PokemonGOへの取り組みや、日本市場の開拓(刈入れ?)の目論見もあるのかなあ?
と思います

いずれにせよ、日本語でのアナウンスはありがたいですね

日本語でのお知らせ用公式アカウント
https://plus.google.com/106367220253177927392/posts


-
日本法人に関する詳しい内容は、以下の各ネットメディアリンク先より
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20151203_733493.html
http://blog.sideriver.com/.s/flick/2015/12/googleingressni-a81a.html
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1512/03/news124.html

でもって、そんな当たり前の記事書いても仕方ないので
攻略サイトらしく、当サイトは運営の人を攻略すべく(運営の人と仲良くするのもエージェントとして必要なスキルです)
「Nianticで働く6人の日本人」
に焦点を当てて、書いてみようかなあと思います


■まず最初はこの方
愛され運営

川島 優志さんですね
元、Googleアジア統括ウェブマスターマネージャーから2013年頃?
Niantic Labs(現Niantic Inc.)移籍
現役職はアジア統括部長
専門はUX/Visual Artist
2008年アメリカ人以外では世界で初めてGoogleホリデーロゴ(Doodle)をデザインした人

Niantic Labs Agentとして初派遣されたのは、京都 Burst Operation

SNSでのマメな情報提供や、ユーザーフレンドリーなその口調や
イベント現地へ多く足を運ぶ事から、エージェントからの信頼も厚い

参考資料
TED出演動画
https://youtu.be/9xyZ8U4bkIs
ブログ
http://mask303blog.blogspot.jp/

当サイト初出記事
http://ingressjp.blogspot.jp/2013/11/blog-post_12.html

管理人一言
本当に重要な事は口を滑らせない、攻略難易度高い運営さんです
日本でIngressが流行ったのは、彼のおかげと言っても過言ではありません



■続いて二人目

野村達雄さん

Niantic Inc 所属 Pokemon Goプロダクトマネージャー
-
参考記事
http://www.asahi.com/articles/ASH334SR0H33UHBI010.html
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20151102_728611.html

管理人一言
PokemonGOのプロマネ
コレから露出も増えてくるのではないかと!



■三人目
廣井隆太さん
元、GoogleGlass担当
現、株式会社ナイアンティック所属 プログラムマネージャー
イベントはDarsana、shoninに参加


-
#おくゆかしいヒロイさん
のハッシュタグで愛されてますが、その奥ゆかしさ故になかなか発見が難しい人ですが
とても優しい感じでお話してくれます(が、コラボ自治体等へのツッコミは厳しめ)

管理人一言
秘密ですが、京都でIntelMapを止めたのは、この人ですw


■続いて4人目
Kento Suga (須賀健人)
須賀健人さん
元、Google Playのアジア太平洋マーケティング担当
Niantic Labs のアジア太平洋のマーケティング
現、株式会社ナイアンティック所属 


-
#たくましいスガさん と言う強烈なキャラ付けをエージェントにされ愛されている運営
日本での露出も多く、またその甘いマスクから女性エージェントのファンも少なくない
運営姿勢は強気で、「雨は降りません」「価値の無いポータルは粛清したい」等の強気な発言で
誤解を生みやすいが、Ingress愛は強い

管理人一言
クラシュオブクラン重課金勢ですw


■5人目は

河合 敬一さん
元、Googleグループプロダクトマネージャー(Google マップのストリートビュー統括)
現、Niantic Inc 所属 プロダクトマネジメントディレクター


-
最初の露出は実は最も古く、Operation Cassandra
イベント前日に+John Hankeからイベント告知文を「明日までに翻訳しといて、あっあとついでにイベントの取り仕切りもヨロシク」と言われやってのけた男、愛称は#ねむらないカワイさん 

参考リンク
http://ingressjp.blogspot.jp/2013/08/xm-anomaly-cassandra-tokyo.html

管理人一言
いつ寝ているかわからないぐらい仕事をする人らしいです
https://plus.google.com/+MasashiKawashima/posts/cdCHBjU3UM4
とてもフレンドリーに話してくれた、気さくな人でした


■そして6人目
村井説人さん
元、Google Japan地図製品の戦略パートナーシップデベロップメント担当
現、株式会社ナイアンティック所属 代表取締役


-

Darsanaでは、ボランティアスタッフの取りまとめ
先日の翻訳書籍販売イベント(東京)では、書籍にスタンプを押してくれたりと
その立場とは裏腹に、マメな活動が好印象
なお、イケメン

管理人一言
いつか、ご挨拶させて頂きたいですねん♪
(管理人、鳥頭なのでやっと思い出しましたがおそらくshoninにも参加されてて、ご挨拶させて頂いたかも?)


ペルセポ以降は、ほぼ皆様参加されてるので割愛


以上、Niantic Inc 及び株式会社ナイアンティックで働く、日本人の皆様でした
超個性的かつ、一人でも会社起こせるんじゃね?的な能力の持ち主ばかりですね
これからも、Ingressの進展に期待できそうです!

それにしても、全員ちゃんとSNSで紹介してる川島さん偉いなあ